【施設・設備の様子】ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ

シャワーキャビン

ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジの,施設・設備の様子です。

(撮影日は2018年10月)

スタッフの方はとても親切で親身になって対応してくださいました。

管理棟では、キャンプに必要な物だけでなく、蒜山のお土産や食材も売っていました。レンタルも充実していて、手ぶらでキャンプも可能です。

レストランのトイレには、オムツ交換スペースもあります。小さい子供連れでも安心ですね。

オートキャンプスタイル(Aキャンプ場)には電源コンセントがついていました。木の壁にはフックがついていて、ロープをくくりつけることができるようになっていました。

フリーキャンプスタイル(Bキャンプ場)も整備が行き届いて気持ちのよいサイトです。木に囲まれていて癒されます。

ドームテントグランピングスタイル(Aキャンプ場)、ドームテントセルフスタイル(Cキャンプ場)では、宿泊客がいる時にドームテントを張るようになっていました。

観光客用トイレは、キャンプ場のものではなく,塩釜冷泉などの観光客用のトイレです。

でもキャンプ場内にあるので、ついつい使ってしまいました。ものすごくきれいでした。温水洗浄便座付きのトイレです。

シャワーキャビンは、シャワールーム、洗面所、ランドリーが入っています。トイレとは別なので、とても清潔感がありました。

洗面所はドライヤー完備です(これはうれしい!)。

話題のツリーテントグランピングスタイル(Dキャンプ場)です。「いつかこんなテントでのんびり過ごしてみたいな…」見てるだけでワクワクしました(笑)

フリーキャンプスタイル(Bキャンプ場)付近のトイレは、掃除はきちんとされていました。ただ、施設の構造上、男子トイレは外からトイレ内が見えてしまいやすい感じがしました。

遊具「ジャングルボックス」は,宿泊客は無料で利用することができます。子どもが夢中で遊んでいる姿が目に浮かびますね。

キャンプ場内は本当に整備が行き届いて、透き通った水が流れていて、気持ちよく過ごすことができます。

 

ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジを利用したときのレポート記事もあります。参考にしてくださいね。

【体験レポ】ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ 台風接近中キャンプ
2018年10月に、台風が接近する中、友人と2人で今話題の「ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ」にキャンプに行ってきました。 本当にサバイバルなキャンプでした…。 決してマネしないほうがいいと思います! ...